山あり谷あり会計士への道

2018年12月短答式試験合格、2019年論文式試験に合格

CPAの便利機能でおすすめ勉強法

会計士試験に合格するには時間と質の両方を兼ね備えた勉強法をしなくてはなりません。 しかし勉強方法には合う合わないということがあり、他の人がいいと思った勉強法でも合わないことがあります。 その点CPAでは、多くの教材から受験生が自分に合う物を選ぶ…

【2019年令和元年】論文式試験の素点(会計学・経営学)E判定から合格への勉強法2

論文式試験の成績開示が届き、前回は監査論・租税法・企業法の成績及び勉強法を書いてみました。 今回は会計学(管理会計・財務会計)・経営学について書いてみたいと思います。

【2019年令和元年】論文式試験の素点(監査論・租税法・企業法)とE判定から合格への勉強法

論文式試験の成績開示が届きました。 素点と勉強方法を振り返ってみたいと思います。答練も模試もいい成績が取れなかったので、参考になるかはわからないですが、悪い成績でも合格できるということを見ていただきたいと思います。

2019年(令和元年) 会計士論文式受験の合格発表

論文試験が終わり約2ヶ月半、本当に長かったです。 合格発表がだんだん近づいてくると、合格発表はもう少し先でもいいのに・・とか、もう明日だったらいいのに・・とか胃が痛い毎日。 予備校のコースはどれにするのかな??とか、監査法人はどこがいいのか…

【2019】論文式試験を受け終わって

論文式試験を受けてから約一ヶ月半が経ちましたが、合格発表まで一ヶ月あります。 長すぎるーーーー毎日胃が痛い---ー 試験が終わってからすぐに感想を書こうと思っていましたが、予想以上に手ごたえがなかったようで、なかなか書く勇気が出ませんでした…

会計士試験(論文)2回目の模試を受けました!超直前期の勉強法

とうとう一ヶ月前の超直前期です。 直前答練でなかなか思うような結果を出せずに、今に至ってますが・・・。 7月の初めに模試を受けました。 まだ結果は出ませんが、受けてきた感想と今後の勉強法を書いてみたいと思います。 ↓

【2019年】会計士論文式試験 模試の対策

会計士論文試験まであと2ヶ月を切りました。 7月の初旬に2回目の模試があります。答練で結果を残せないまま、ここまできましたが、模試でなんとか合格がみえる結果を残すべく勉強をしております。 間違ってはいけないことはゴールはその先の本試験です。…

【大学在学中】会計士の勉強はいつからがいい?

会計士の勉強はトータル3000時間~5000時間かかるといわれています。 予備校での公認会計士の1.5年コースもしくは2年コースが多いと思います。 息子は大学1年の冬から始め1.5年コースでした。 ↓

公認会計士と税理士、なぜ公認会計士を選んだのか

息子が公認会計士に興味を持ちだしたとき、税理士になるという選択もありました。 なぜ、公認会計士を選んだのか? ↓

令和になって初めての短答式試験が終わりました。予想ボーダーは?

受験された皆さんお疲れさまでした。 またまた管理会計が難しかったようで、前回の12月短答と同じになってしまいましたね。 財務会計は少し易化したみたいですが、CPAの調査では12月より平均点が下がっているようです。(今のところです) 何日か経ってか…

論文式模試の結果が返ってきました。

2週間前に受けたCPAの論文式模試、結果は見えていましたが、あまりの結果に・・・。 ↓

【短答】最後の最後で企業法を高得点につなげた勉強法

企業法は息子が苦手だった科目です。 なかなか点数が伸びてこなくて、心配していました。動画やブログでは、それほど難しい問題は出ないということで高得点を取りやすいし、答練や模試で今回のボーダーは70点!違う日は75点は取ってほしいという話の中、…

【ほんとに?】10年後、AIが会計士⁈

よく10年後にはAI(人工知能)によってなくなるといわれている職業の中に『公認会計士』が入っています。 本当に無くなってしまう職業なのでしょうか? 少し興味深い記事をみつけました! ↓

【論文式試験】租税法の重要性

論文式試験で新しく科目に加わるのが、租税法と選択科目です。 その中でも租税法は多くの勉強時間を確保しなければなりません。 5月ー8月の合格を狙う人で6月いっぱいを租税法に使うという人は珍しくないです。 ↓

【2019年】会計士は今年も売り手市場? 

2019/05/07記事 2019/10/22更新 2019/11/28更新 数年前から超売り手市場だった会計士の就職ですが、売り手市場に落ち着いてきたと言われています。しかしまだ売り手市場で、決して買い手市場ではないです・・・と、よく聞きます。 それでも親としては大丈夫…