山あり谷あり会計士への道

会計士試験(短答)合格までの失敗と成功 論文式試験に向かって!

4月末の会計士論文試験の模試(CPA)があります。

次の土曜日からCPAの論文模試があります。

 

短答模試はすぐに結果が出るのですが、論文模試は時間がかかるので計画を立て直すのは、先になりそうです。

模試までになんとかザァーとでも、復習したいところですが、追いついていないのではないでしょうか??

 

今、模試まではどんどん覚える時期と位置付けていますが、2,3日まえに消費税嫌い!と、やる気を失ってしまいました。

 

一番身近な消費税、簡単だと思っていましたが、消費税がかかるものとかからないものを覚えるのは結構大変なのでしょうか。

例えば『土地の譲渡や貸付けは、消費税の課税の対象とならない』らしいです。『なお、土地の貸付けのうち、貸付けに係る期間が1か月に満たない場合及び駐車場その他の施設の利用に伴って土地が使用される場合は、非課税にはなりません』というように、この場合は消費税がかかりますというようなものが多いのでしょう(あくまでも私の推測です)

 

租税法というのは、よく忘れやすいと聞きます。短い期間で反復していかなければならないと・・・でもやればやるほど点数がとりやすい科目なので、時間をかけないといけないですね。

 

3日間大丈夫でしょうか。短答とは全く違うプレッシャーがあると思います。

体力がもつのか心配ですが、とりあえず模試ということで、肩の力を抜いて頑張ってほしいです。

 

今回は他の模試を受ける予定がないので、CPAだけで力を測ることになりますが、本当は二つぐらい受けたほうがいいような気がします。大学生とはいえ時間がないらしく、うけることができませんが、7月の模試は最低2個、もしできそうなら3つ受けたいと思っています。

作問者が違うことはいいことです。色々なくせがあり作問も色々なので、他の模試も受けさせたいです。

 

 

今日は暑いです。

でも今の時期が一番過ごしやすいし、勉強も捗るでしょう。論文試験まで4ヶ月、ゴールデンウィークは勉強づけ?です。

 

f:id:hutoparakasan2101:20190528194223j:plain