山あり谷あり会計士への道

会計士試験(短答)合格までの失敗と成功 論文式試験に向かって!

【大学在学中】会計士の勉強はいつからがいい?

会計士の勉強はトータル3000時間~5000時間かかるといわれています。

予備校での公認会計士の1.5年コースもしくは2年コースが多いと思います。

息子は大学1年の冬から始め1.5年コースでした。

 ↓

 

 

簿記を勉強してからの方が始めた方がいいか?

会計士の勉強は簿記を全く勉強していない人でも、始めることが出来ます。しかしまず簿記の基礎を勉強してからのコースになる場合が多いです。

簿記3級や2級の勉強をしていると学費も安くなる予備校もあります。

息子を見てて思うことは、やはり簿記3級・2級を勉強してからで良かったと思います。もし簿記が苦手で嫌いということなら、会計士の勉強は辛いと思いますし、途中でやめてしまうかもしれないからです。

簿記が嫌いじゃなく興味があると思えてから会計士を目指す方がいいのではないでしょうか。

じゃあ

 

簿記1級まで必要か

ここは結構意見が分かれるのではないでしょうか?

会計士も簿記1級も重なる部分は多いと思います。確かに1級を取れたら簿記の科目は強いですし、得点源になります。

中には会計士の勉強途中で簿記1級を取得されることもあります。

ただ大学在学中に会計士合格を目指すなら、時間がないかもしれません。

 

大学在学中のプラン1

 

大学1年の前期で簿記3級、後期で簿記2級 冬から会計士の勉強も始める

  

大学3年の8月に合格!

メリット

・このプランでいくと、もし3年で合格できなくても、もう一年猶予があります!

・簿記も勉強してから会計士の勉強に入るので、スムーズに勉強が開始出来ると思います。

デメリット

・大学2年生は単位をたくさん取りたい時期と会計士の勉強とのバランスが取りにくいかもしれません。

サークルやバイトが慣れてきたころにセーブしなければならないかもしれません。

 

大学在学中のプラン2

大学1年で簿記1級・2級を取得。大学2年で簿記1級を取得。

大学3年から会計士の勉強を始める

大学4年の8月に合格!

メリット

・1年と2年で大学の単位をできるだけ取得してから会計士の勉強を始めるので、勉強に専念できる。

・簿記1級を取得しているので、計算に強い

(もし簿記の勉強をしていなくても最初にバリバリ計算の勉強をする時間はあると思います)

デメリット

・大学4年で合格出来なかった場合、卒業後の取得となります。

・卒論で忙しい時期と論文試験が重なる可能性があります。

 

まとめ

何年生から始めるのが一番いいのかはわかりませんが、ある程度キャンパスライフをエンジョイしてからとなると、3年生からがいいかなと思います。

反対に1年生の最初から勉強を始めて、早い時期に合格してから大学生をエンジョイするのもいいかもしれません。

ただ早くから会計士になろうと決めていない人が多いと思うので2年生や3年生から始める人が多いかもしれませんね。

在学中の方が断然時間があると思いますが、大学の他に予備校に通うことになると思います、バイトやサークルの制限は仕方ないと思います。

とくに論文試験の8月前に大学でのテストがあります。単位を取らなければ卒業できないので、勉強づけになることは覚悟しなければなりません。

息子もそうですが、絶対在学中に合格したい!と頑張っています。2年、3年は大学生活をエンジョイできていませんが、振り返ればよく頑張った!といい思い出になると信じています。