山あり谷あり会計士への道

会計士試験(短答)合格までの失敗と成功 論文式試験に向かって!

会計士試験(論文)2回目の模試を受けました!超直前期の勉強法

とうとう一ヶ月前の超直前期です。

直前答練でなかなか思うような結果を出せずに、今に至ってますが・・・。

7月の初めに模試を受けました。

 

まだ結果は出ませんが、受けてきた感想と今後の勉強法を書いてみたいと思います。

 

 

会計学

財務会計

まず計算ですが、少し出来てきたかなー??という感想ですが、他の受験生が取れる問題を落としていることがあります。

今後はもう一度、総復習していきますが、あまり時間をかけることが出来ないのでザァーと確認をしていこうと思っています。

答練の総合問題は少し解き直しをするそうです。でもあくまでも取れないといけない問題だけです。

 

理論は大きな壁にずっとぶつかっていました。ずっと悩んでいましたが、思い切って勉強の方法を変えることにしたのです。やはり解答例を読み、暗記するという方法です。

あくまでもすべてを完ぺきにということではなく重要な文やキーワードをしっかり押さえておくということです。

それをまだやりだしたばかりなので、模試では結果が出せていないかもしれませんが、あと1ヶ月で暗記するようです。

間に合うのか心配ですが・・・。

管理会計

管理会計は出来るときと出来ないときがはっきり分かれてしまいます。時間が厳しいので問題の取捨選択を間違うと、あーーーーーという結果となります。

模試では出来ていると思っていた問題が出来ていなかったようなので、もう一度重要論点の復習が必要です。

理論はキーワードの暗記の完成度を上げているところなので、もう少しですね。

企業法

企業法は答練でもそうですが、きちんと書けているつもりでも抜けているところが多いので、結果が出ないとわからないのです。今までアウトプットに重点をおいていたので、残りの時間はインプットに力を入れるようです。

監査論

監査論は唯一、1回目の模試でも答練でも合格点が取れている科目です。しかし繰り返し反復しないと忘れてしまうので、最後までインプットに重点をおいて勉強をしていきます。

2回目の模試は上手く書けたという自信はないようなので結果はわかりませんが、せめて監査論だけは合格点が取れていることを願っています。

租税法

租税法は答練で今回はできた!と思っていても、判定は良くないです・・・それほど平均点が高いということです。なので今回も判定はあまり良くないのかなーと思っています。

それに理論が出来上がっていません。この1ヶ月は理論に重点を置き、暗記です!

理論で5割取れるように最後の追い上げをします。

経営学

財務管理は出来ていますので、こちらも経営管理の暗記です。

模試では経営学も平均点が高いので、他の科目より高い点数を取らないと判定は良くないです。

最後の最後まで勉強時間を確保することが出来なかったので、まだ答練も残っている状態です。

勉強の成果が、答練で確認できるという点では良かったのかなと思っていますが・・・。

 

まとめ

なぜか勉強時間が足りないです。決して今までサボっていたわけではなく、勉強してきましたが、やはり短答の時と同じようにギリギリ仕上がったか、仕上がってないかというような状態で本番を受験することになるでしょう。

超直前期は暗記勝負です!

あと1ヶ月!・・・なのに、大学生は大学のテストがあります・・・。ほぼ1週間、大学のテストで会計士の勉強はお預けになり、焦っています。

しかし今まで頑張って勉強してきたので、最後に追い上げてくれることを期待しています。

これからは合格点まで点数を引き延ばす最短の方法を模索し実行しなければいけません。それは一人ひとり違うので模試の結果を参考に直前期の勉強方法を考えてくださいね。

 

暑いし、体調を崩しやすいですが、最後まで走り切ってください。

 

f:id:hutoparakasan2101:20190606205707j:plain